headerimg
ZELO POSITION > お肌のために > インナードライ対策特集 > 【図解】インナードライ肌(毛穴の乾燥敏感肌) 原因は毛穴汚れ

インナードライ ”内側の乾燥” とは? どうしてなるの? (2014.7)

このページではインナードライ肌について書いています。
 インナードライは「お肌の揺らぎ」で始まります。
お肌が揺らぐというのは、ドライでもありオイリーでもあるという、
ご自分でも説明しにくいお肌の状態(調子)で、たいてい毛穴の悩みを伴います。
 ドライか、オイリーか、混合肌か、といった基本的な肌質とはちょっと違います。
インナードライを放っておくと、毛穴周辺から敏感肌になります。

次のようなお悩みがある方は、ぜひお読みください。
「毛穴の汚れが気になる」
「毛穴の開きや黒ずみが気になる」
「(乾燥肌・普通肌・混合肌だけど)近ごろ脂っぽくなってきた」
「大人ニキビができた・繰り返す」

当てはまるものがない方は、こちらをご覧ください

順番に説明しましょう。 まず、お肌のノーマルな状態を知っておきましょう

 ノーマルな状態では「皮脂腺→毛穴チューブ→外」の流れがスムース。
 この流れが、毛穴のお掃除と自然な保湿をしてくれます。

 

 

 

 

 

 

ノーマルな肌の状態 

 

 

 

皮脂腺から、皮脂が外に押し出されます。

毛穴チューブを通って出てゆくときに、内側から角質層に油分を与えます。(図の矢印)

 

余った皮脂は、汗と乳化し、皮脂膜を形成、肌バリア(皮脂膜)になります。(黄色部分)

 

このような皮脂の流れは、皮膚に付いたり、毛穴に入り込んだメイク汚れなどを排出する役割もあります。

ノーマルで健康なお肌の状態ですね。

 

毛穴には細菌カビアレルゲン(アレルギー原因物質)PM2.5放射性物質などの環境汚染物質も入り込みます。

 

正常な毛穴の代謝力は、これらの物質が入り込んでも、時間とともに排出する働きがあります。

 

アクネ菌は、常在菌(じょうざいきん)です。

ただし、空気を嫌う嫌気性(けんきせい)なので、毛穴が通って酸素が多い環境では増えることができず、ニキビになりません。しかし、毛穴が閉塞状態になると増殖し、悪さを始めます。

隠れ乾燥肌や皮脂が多い部分の毛穴汚れに注意 小鼻の角栓は毛穴汚れのサイン

 流れが悪くなると、皮脂は汚れを巻き込みながら

 角栓(かくせん)・毛穴の汚れになります。

 汚れはこびりつき、毛穴は ”便秘状態” になります

 Tゾーン・小鼻周辺で起きやすいです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

図解 インナードライ肌 

 

 

 

皮脂や汚れは ”隠れ皮脂” ”隠れ汚れ” の元になります。

毛穴の中の小さな変化で、気が付きにくく、『隠れて』います。

 

1)角栓汚れは中で酸化・変色し、肌の透明感が無くなりザラザラに

 くすみ、化粧のりが悪い

2)こびりついた皮脂や汚れは毛穴チューブの通り道を狭くします

 ベタつきやすくなる、てかり、化粧がくずれやすい

3)汚れがジャマで、内側から保湿しにくくなります

 カサつきを感じ始める

 

カサつくのにベタつく・・・ドライにもオイリーにも揺らぎ始め、その感覚が強まってゆきます。

インナードライの典型的な感覚です。

 

あらためて、図をよくご覧ください。

毛穴のチューブに沿って、乾燥し始めているのがお分かりでしょうか。

インナードライは、毛穴内側をタテに乾燥が進むのが特徴

本人が気づかない間に、隠れて進むので、隠れ乾燥肌 とも言います。

 

【スキンケアの失敗(アイテムの選択ミス)が起こりやすい】

こういう状態なのに、過剰な保湿でフタをすれば、かえってインナードライが進み、お手入れは失敗します。

また、内側が弱っているのに、お肌をツルツルにしたくて、ゴシゴシ洗ったり、ピーリング洗顔を続けたりして、敏感肌になる人も多いです。

 

乾燥肌質 

 

 

 

参考に乾燥肌質の人の状態をご覧ください。(下の図)

一般的にイメージされている乾燥肌ですが、この場合、角質層全体、ヨコに乾燥部分が拡がっています。

 

インナードライとは、乾燥する部分も進み方も違います。

そもそも、インナードライは混合肌やオイリー肌質の人に起こりやすい点からして違います。

お手入れ(スキンケア)も違ってくるのはもちろんです。

インナードライから進む毛穴周辺の敏感肌や毛穴敏感肌

 適切なお手入れができず、インナードライを慢性化させてしまうと、

 毛穴の ”タテ乾燥” が進み、

 乾燥部分が黒ずみ、敏感肌化します

 

 

 

 

 

 

 

 毛穴の便秘

図解 インナードライ肌

 

 

 

 

 

インナードライが慢性化すると、毛穴のタテの乾燥がひどくなります。

 

4)チューブの柔らかさが失われ、肌がゴワゴワ してきます

 毛穴出口が硬くなり開く⇒イチゴ鼻、毛穴の黒ずみ

 毛穴が開いたままだと角栓ができやすい(→白ニキビ)

 

5)アクネ菌が増え、毛穴肥厚化が進むため、

  詰まりやすく、ニキビ・吹出物ができやすくなります

 大人ニキビを繰り返す。思春期とは違いポツンと出来る

 PMSでは皮脂量増加、インナードライの人は大人ニキビに特に注意!

 

6)毛穴の出口から敏感肌化します

 乾燥肌質性の敏感肌とは違います。

 ZELoではインナードライ原因の毛穴敏感肌と呼んでいます。

乾燥肌質は「ヨコ乾燥」 インナードライは毛穴周辺で進む「タテ乾燥」

  乾燥肌質 (ヨコの乾燥) インナードライ (タテの乾燥)
乾燥する場所
進み方
乾燥肌(ヨコの乾燥) インナードライ肌(タテの乾燥)
ノーマルな状態
ノーマルな肌の状態
全面的な乾燥
乾燥肌の状態
毛穴乾燥(毛穴ドライ)
毛穴乾燥(毛穴ドライ)の状態
原因 体質的要因が大きい
(低循環体質⇒全身冷え、低体温)

インナードライによる

毛穴の調子落ち(代謝力の低下)

肌の感覚

ドライが強い ドライもオイリーも強い
ドライとオイリーで揺らぐ
特徴

若い頃から肌ドライで悩んでいる

(そういう人がほとんど)

混合肌・オイリー肌からなりやすい
ドライ肌の人でもお肌の曲がり角に注意
(油っぽさの強まりで始まる)

お肌の10秒(インナードライ)チェック [2015.1.2更新]

 

zeloかんたん肌チェック 肌タイプ判定、インナードライ診断

 

インナードライ化しやすい”シリコン(オイル)”にご注意

 インナードライの原因には、メイクやUVアイテムの残留汚れもあります。
 シリコン配合のUVアイテムが普及し、デイリー使いすることが多くなり、インナードライになる人が増えています。

 紫外線シーズンが長くなるとともに、一年を通してリスクが増えています。

 シリコン(オイル)はリキッドファンデーション ・ 化粧下地 ・ コンシーラー・制汗剤のほぼすべて、

 オールインワン美容クリームの多くに基材として配合されています。

 シリコンオイル ・・・ ジメチコン、シクロメチコン、シロキサンなどの名前が含まれた成分です。

 他にもありますので、メーカーなどに問い合わせ、確認してください。

 

 オイルなのにスベスベに仕上がり、保湿感と化粧のりもよいので、使い始めは良いのです。

 しかし、強い塗膜力が原因で、お肌はインナードライ化して行きます。

 オイルですから、中間肌・脂性肌質・オイリー肌質の人は注意が必要です。

 乾燥肌質の人でも使い続けるとインナードライ化します。(脂っぽくなってきた)


 シリコン (オイル) 配合品を使うなら、それに見合った 「洗い」 をしなければいけません。
 石けんや洗顔料、クレンジング、洗浄料などとメイク落としをすれば問題ないと考える人も多いですが、

 通常洗顔で毛穴に入り込んだシリコン(汚れ)を100%洗うことはできません。

 

 夏場使用が多いウォータープルーフタイプはほとんどシリコンです。

 サンバーン(日焼け炎症)に、汗腺・皮脂腺が詰まることによるブツブツが重なり、一気に悪化させる人がいます。

 どうかご注意ください。

  • インナードライのスキンケア商品開発者より
  • スキンケアご利用のお客様の声(口コミ情報)
  • facebook スキンケア/ヘアケア
  • facebook インナービューティー
  • インナードライ肌用スキンケアのゼロショップ
  • インナードライ肌用スキンケアの楽天市場の購入